Gravのテーマを変更しました

Gravのテーマ「future」に変更したので、 日本語化とカスタマイズしました。

Gravのテーマを変更しました

Grav のテーマが初期からかなり増えていたので、 変更しました。 初期(2014年末頃)は7種類くらいしかなかったのが、 今では52種類もあります。 テンプレート販売している会社のメンバーの開発だけあって、 どれもデザインのレベルが高いです。

Themes | Grav
© Grav CMS

私が選んだこのテーマは、 HTML5 UPというテンプレートサイトでクリエイティブ・コモンズで公開してあるのを Grav に移植したものです。 英語用のテンプレートですので、 修正する必要があります。

継承したテーマを作成し、 custom.css で日本語フォントを指定して、 各テンプレートの英語部分も日本語化しました。 あと、 メインコンテンツの幅が大きくなった時の調整と、 ウィンドウサイズが小さい時の画像の幅の調整をしています。

/* 日本語フォント */
body,input,textarea,select,h1,h2,h3,h4,h5,h6,p {
  font-family: '源ノ角ゴシック Light', SourceHanSansJP-Light, '源ノ角ゴシック', '游ゴシック', YuGothic, 'ヒラギノ角ゴ ProN W3', 'Hiragino Kaku Gothic ProN', 'メイリオ', Meiryo, sans-serif !important;
}

/* パイプライン時に空白がクリアされてしまうので%20に置換 */
#intro .logo:before {
  background-image: url("data:image/svg+xml;charset=utf8,%3Csvg %20 xmlns='http://www.w3.org/2000/svg' %20 width='100px' %20 height='100px' %20 viewBox='0 %20 0 %20 100 %20 100' %20 preserveAspectRatio='none' %20 zoomAndPan='disable' %20 %3E%3Cpolygon %20 points='0,0 %20 100,0 %20 100,25 %20 50,0 %20 0,25' %20 style='fill:%23f4f4f4' %20 /%3E%3Cpolygon %20 points='0,100 %20 100,100 %20 100,75 %20 50,100 %20 0,75' %20 style='fill:%23f4f4f4' %20 /%3E%3C/svg%3E") !important;
}

/* メインコンテツサイズ */
#content {
  -moz-flex-grow: 1;
  -webkit-flex-grow: 1;
  -ms-flex-grow: 1;
  flex-grow: 1;
  -ms-flex: 1;
  width: calc(100% - 25em);
}

/* Line */
.post > footer .line {
  width: 1em;
  height: 1em;
  -webkit-filter: grayscale(100%);
  filter: grayscale(100%);
}
.post > footer .line:hover {
  -webkit-filter: grayscale(0%);
  filter: grayscale(0%);
}

@media screen and (max-width: 1280px) {
/* 表示調整 */
  #content {
    width: 100%;
  }
}

@media screen and (max-width: 980px) {
/* パイプライン時に空白がクリアされてしまうので6emに置換 */
  .post {
    width: calc(100% + 6em) !important;
  }
}

@media screen and (max-width: 736px) {
/* 表示調整 */
  #breadcrumbs {
    display: none;
  }
/* 画像サイズ */
  #content p img {
    width: 100%;
    height: auto;
  }
/* パイプライン時に空白がクリアされてしまうので3emに置換 */
  .post {
    width: calc(100% + 3em) !important;
  }
}

また、 右上のサイドメニューを出すボタンの機能が無かったので、 原作を参考にして追加しました。 <body> タグの最後に <section> を作って、 検索窓・ヘッダーメニューと同じリンクと各ページのヘッダーに増やした comment を表示させています。

<section id="menu">
  <!-- Search -->
  {% if config.plugins.simplesearch.enabled %}
    <section>
      <form class="search" method="get" action="#">
        <input type="text" class="text" placeholder="Search" value="{{ query }}" data-search-input="{{ base_url }}{{ config.plugins.simplesearch.route}}/query" />
      </form>
    </section>
  {% endif %}

  <!-- Links -->
  <section>
    <ul class="links">
      {% for page in pages.children %}
        {% if page.visible %}
          {% set current_page = (page.active or page.activeChild) ? 'current' : '' %}
          <li class="{{ current_page }}">
            <a href="{{ page.url }}">{{ page.menu }}
            {% if page.header.comment %}
              <p itemprop="alternativeHeadline">{{ page.header.comment }}</p>
            {% endif %}
            </a>
          </li>
        {% endif %}
      {% endfor %}
    </ul>
  </section>
</section>

この変更で検索窓を複数設置したので base.html.twig の Javascript 部分も修正します。

{% if config.plugins.simplesearch.enabled %}
  <script type="text/javascript">
    $(document).ready(function($){
      var input = $('[data-search-input]');
      input.on('keypress', function(event) {
        if (event.which == 13 && $('input:focus').val().length > 1) {
          event.preventDefault();
          window.location.href = input.data('search-input') + '{{ config.system.param_sep }}' + $('input:focus').val();
        }
      });
    });
  </script>
{% endif %}

サイドバーの小さい記事部分が予約投稿分も表示してしまうので、 dateRange を設定します。

 <section role="complementary">
    <div class="mini-posts">
      {% for p in page.find('/blog').children.dateRange('2011/09/27 20:01', 'now'|date('Y/m/d H:i')).order('defaults', 'desc').slice(0, 2) %}
        {% set bannerimage = p.media.images|first %}
        <!-- Mini Post -->
        <article class="mini-post">
          <header>
            <h3><a href="{{ p.url }}">{{ p.title }}</a></h3>
            <time class="published" datetime="{{ p.date|date("Y-m-d") }}"><i class="fa fa-calendar"></i> {{ p.date|date('Y m d') }}</time>
            <a href="https://twitter.com/{{ site.author.twitter }}" class="author"><img src="{{ url('theme://images/avatar.png') }}" alt="{{ page.header.metadata.author }}" /></a>
          </header>
          <a href="{{ p.url }}" class="image">{{ bannerimage.cropZoom(350,175).quality(60).html(p.title, p.title, 'image featured') }}</a>
        </article>
      {% endfor %}
    </div>
  </section>

修正して思いましたが、 デザインテンプレートをそのまま移植しただけで、 実際は使ってないような……。まぁ、 一から作るよりだいぶ楽ですが。
他にも小説用のテンプレートを追加したり、 日付表示を年月日の順にしてます。 少しプログラムと HTML を直接弄ったことがある人ならできる範囲ですが、 意外と弄るとこをが多いので、 やはりテーマを改良するには多少の知識と経験が必要です。
いずれテーマのカスタマイズ方法の記事を書いたほうがいいかなぁ。

Blog Comments powered by Disqus.